一眼レフカメラやミラーレスカメラ画像のゴミ取り方法

レンズ交換の必要な高級カメラは、センサーにゴミが付着してしまうリスクが伴います。

寒い環境から暖かい環境へカメラを持ち込むと、レンズやセンサーが曇りますし、山や霧中で取り出すと霧がカメラ内へ簡単に侵入してしまい、付着した霧粒にまで微細なゴミが含まれこの様な点状の付着物になります。

防水カメラでもなければ防げませんね。

更にカメラ内部品から粉塵や潤滑油が弾けて付着する可能性もあり、気がついたら早急にメーカーへ持ち込んだり、技術のあるカメラやさんか自身で拭き取る対策が必要ですが、この動画にあるような微細なゴミは普段中々気が付きません。

今回はPhotoshopで既に撮影した画像を救済する方法の紹介。
登山写真にも使えます。

気になる方はこの方法でセンサーの状態が判ります。
白い紙や壁を撮影して確認してみてください。

投稿者  2yosihiro
撮影日時 2018年2月12日



当サイト「ヤマDO!」に参加しませんか!?

山DO!は、日本最大級の山動画専門サイトです。

最近、山で、動画を撮影している人をよく見かけます。せっかく撮影した山動画、どうせならたくさんの人に見てもらいたいと思いませんか?

山DO!は、わずらわしい会員登録やユーザー登録も無しで、いきなりあなたの山動画を完全無料で紹介することができます。ただし、一度youtube等の動画投稿サイトに山動画を上げてもらう必要があります。

youtubeに山動画をアップしたことがない人のために、そのやり方も詳しく紹介しています。

そして、投稿してもらったものをコチラでSEO対策を施してヤマDOとしてサイト化します。

それだけでなく、ひとつの山行を複数の動画に分割していた場合も、各々の動画の説明とその並べ方を指示していただければ、こんな風に同じページ内に順番に並べることができます。

まずは、自分の動画がヤマDO!では、どんなふうに仕上がるのか、お試しで気軽に投稿してみませんか?

投稿フォームはコチラ

ヤマDO!のコンセプトはコチラ

目で見て学ぶ登山教室

登山は、道具選びから技術の身につけ方次第で、大きく疲れ具合や楽しみ方が変わります。

しかし、実際にそれらをきちんと教わる機会はほとんど存在していません。
そこで、まさにうってつけのDVDとテキストから構成された分かりやすい登山教室を紹介します。

それを見て登山を学び、登山ライフを楽しみましょう。

あの有名なアルピニスト野口健も推薦する登山家 小西浩文の
『目で見てわかる登山教室』楽しいトレッキング講座

サブコンテンツ

目で見る登山教室

登山グッズの高額買取なら

送料無料かつ無料査定!

スポンサードリンク

おすすめの宿

最安の宿を探す

このページの先頭へ