山下屋GO’Sルート動画

この日は、高尾山、城山、景信山、堂所山と歩き、この堂所山から陣馬高原下バス停に直接下る「山下屋GO’Sルート」を歩いた。

「山下屋GO’Sルート」は、陣馬高原下バス停横にある、陣馬そば山下屋さんの御主人の山下さんが開拓したルートだ。以前は、バリエーションルートであり地図にも載っていなかったが、最新の高尾山・景信山・陣馬山登山詳細図には、このルートが掲載されているようだ。

高尾山から、奥高尾を縦走して、陣馬高原下に下りる場合、陣馬山まで縦走して和田峠から下りるのでは、距離が長いと思われる場合などは、このルートが便利ではなかろうか?堂所山からは40分程度で、陣馬高原下バス停に下りられる。

まだ、あまり知られていないルートと思われるから、これを紹介する動画を作ってみた。動画には、堂所山から北に尾根を辿った、「山下屋GO’Sルート」の起点の少し手前辺りから、山下屋さんまでのルートの様子を収録している。

なお、堂所山から「山下屋GO’Sルート」入口までの様子は、以下のようである。

地形図を見ると、堂所山山頂から北に尾根を200メートル程辿ると、尾根が北北東方向に三つにほぼ並行に分岐する。三つの尾根は、アルファベットの「E」を傾けたような形に延びている。

最初、山頂から北に「E」の真ん中の棒に相当する尾根を進むと見えた道は、西北西方向に急激に下り、170メートルほど西北西に進むと一番左の尾根(「E」の一番上の横棒に相当)に移り、道はほぼ直角に右に曲がり、東北東に進路が変わる。

ここから120メートルほど進んだ地点に、道の左側に黄色い杭が二本あり、その間から、北西方面へ下りる踏み跡がある。「山下屋GO’Sルート」という小さな表示があるので見逃さないように。

さて、「山下屋GO’Sルート」に入ると、植林帯の尾根の中の踏み跡を辿って急斜面を下りる。目印のテープなどを確認しながら、尾根をはずさないように気を付けながら下る。

一旦、平坦な箇所があり、その後少し登り返し、再び下り始める。この辺から進路は、ほぼ北向きになる。300メートルも進むと、「山下屋GO’Sルート」の目印がある。

この目印当りから道が不明瞭になるので、十分注意しながら目印テープを頼りに下る。すると、またまた「山下屋GO’Sルート」の目印があり、この地点から尾根を左方向に外れて谷に下りる。

目印テープを辿り、勘を働かせて慎重に進む。間違った踏み跡などもけっこうあるが、位置を確認しながら、基本的には北西方向に谷に沿って進むということを念頭に下って行く。300メートルほども進むと車道に出て正面が陣馬高原下のバス停となる。

バス停の隣が陣馬そばの山下屋さんで、ここに下りた時は、いつもここでビールと地酒八王子城を飲むことにしている。

投稿者 いちべー
撮影日時 2016年1月17日

当サイト「ヤマDO!」に参加しませんか!?

山動画投稿共有紹介サイト「ヤマDO!」が2015年秋にスタートし、500以上の山動画があるサイトにまで急成長しました。そして、まだまだ成長します!

山DO!は、山動画専門のサイトです。
最近、山で、動画を撮影している人をよく見かけます。せっかく撮影した山動画、どうせならたくさんの人に見てもらいたいと思いませんか?

山DO!は、わずらわしい会員登録やユーザー登録も無しで、いきなりあなたの山動画を完全無料で紹介することができます。ただし、一度youtube等の動画投稿サイトに山動画を上げてもらう必要があります。

youtubeに山動画をアップしたことがない人のために、そのやり方も詳しく紹介しています。

だったらyoutubeだけでいいのでは?と思うかもしれませんが、youtubeにアップしただけではたくさんの動画に埋もれてあなたの動画はほとんど見てもらえません。

それに加えて、コチラでSEO対策(検索エンジン上位表示対策)を施すので、ヤフーやグーグル等で検索した際に、検索結果に反映され、直接「ヤマDO!」からのあなたの動画を見てもらえる可能性がうんと高くなります。

youtube等にアップしただけでは、検索結果から見てもらえるということはごくごく一部の動画にしか起こりえません。

それだけでなく、ひとつの山行を複数の動画に分割していた場合も、各々の動画の説明とその並べ方を指示していただければ、こんな風に同じページ内に順番に並べることができます。youtubeではこういったことはできません。

まずは、自分の動画がヤマDO!では、どんなふうに仕上がるのか、お試しで気軽に投稿してみませんか?

投稿フォームはコチラ

ヤマDO!のコンセプトはコチラ

目で見て学ぶ登山教室

登山は、道具選びから技術の身につけ方次第で、大きく疲れ具合や楽しみ方が変わります。それらを知らないと危険な上にただの苦行でしかありません。

しかし、実際にそれらをきちんと教わる機会はほとんど存在していません。
そこで、まさにうってつけのDVDとテキストから構成された分かりやすい登山教室を紹介します。

それを見て登山を学び、登山ライフを楽しみましょう。

あの有名なアルピニスト野口健も推薦する登山家 小西浩文の
『目で見てわかる登山教室』楽しいトレッキング講座

サブコンテンツ

目で見る登山教室

登山グッズの通販なら

セール品・アウトレット多数あり!!

スポンサードリンク

おすすめの宿

最安の宿を探す

このページの先頭へ