保久礼からの残雪と新緑の守門岳登山

越後平野の中央に、両翼を広げ、優美なスカイラインを描いている山が守門岳である。

守門岳は袴岳、青雲岳、大岳の三つの山からなるが、最高峰の袴岳(1537m)を一般に守門岳と呼んでいる。

大岳から袴岳にかけての東側には、馬蹄形に開いた爆発火口の跡と見られる絶壁がある。豪雪地帯の山であり、春先、大岳から袴岳の主稜には、10mもの雪庇が東側に張り出し、まことに壮観である。

栃尾市、守門村、入広瀬村など四方から入る登山道があるが、国道290号線の石峠を越え、旧守門村の二分から入る道路が舗装されて便利になった。車は保久礼小屋の手前まで入れる。

小屋からブナの林の中、整備された階段状の道を40分ほど登れば、キビタキ小屋に着く。

ブナの丈が次第に低くなり、見通しのきかない灌木帯をたんたんと登ると、やがて視界が開け、不動平を経て、大岳に着く。

山頂には遅くまで雪が残っている。
南に連なる主稜の東側は断崖となって切れ落ち、その中央にわずかに高くそびえるのが主峰の袴岳である。

大岳からいったんアミハリまで下って、青雲岳まで登り返す。

コース中で一番きついところだが、展望が良く、花も多い縦走路なので、気もまぎれる。

途中二口から登ってくる登山道とドッキングする。

青雲岳の山頂付近は気持ちの良い草原(雪田)になっており、小さな池塘もあり、木道も敷かれていて、天上楽園のようである。

時間的に、体力的にもいくらか不安なので、ここで打ち切り、往路をそのまま引き返す。

投稿者 Ryozi Honda
撮影日時 2017年6月6日

当サイト「ヤマDO!」に参加しませんか!?

山動画投稿共有紹介サイト「ヤマDO!」が2015年秋にスタートし、500以上の山動画があるサイトにまで急成長しました。そして、まだまだ成長します!

山DO!は、山動画専門のサイトです。
最近、山で、動画を撮影している人をよく見かけます。せっかく撮影した山動画、どうせならたくさんの人に見てもらいたいと思いませんか?

山DO!は、わずらわしい会員登録やユーザー登録も無しで、いきなりあなたの山動画を完全無料で紹介することができます。ただし、一度youtube等の動画投稿サイトに山動画を上げてもらう必要があります。

youtubeに山動画をアップしたことがない人のために、そのやり方も詳しく紹介しています。

だったらyoutubeだけでいいのでは?と思うかもしれませんが、youtubeにアップしただけではたくさんの動画に埋もれてあなたの動画はほとんど見てもらえません。

それに加えて、コチラでSEO対策(検索エンジン上位表示対策)を施すので、ヤフーやグーグル等で検索した際に、検索結果に反映され、直接「ヤマDO!」からのあなたの動画を見てもらえる可能性がうんと高くなります。

youtube等にアップしただけでは、検索結果から見てもらえるということはごくごく一部の動画にしか起こりえません。

それだけでなく、ひとつの山行を複数の動画に分割していた場合も、各々の動画の説明とその並べ方を指示していただければ、こんな風に同じページ内に順番に並べることができます。youtubeではこういったことはできません。

まずは、自分の動画がヤマDO!では、どんなふうに仕上がるのか、お試しで気軽に投稿してみませんか?

投稿フォームはコチラ

ヤマDO!のコンセプトはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

目で見る登山教室

スポンサードリンク

おすすめの宿

最安の宿を探す

このページの先頭へ